出題設定

使用方法:一問一答の一覧の内容をを絞り込みたい場合は、「設定On」を選択してください。


保育原理

保育所は、入所する子どもの最善の利益を考慮し、その福祉を積極的に増進することに最もふさわしい生活の場でなければならない。

保育原理

保育所は、その目的を達成するために、保育に関する専門性を有する職員が、家庭との緊密な連携の下に、子どもの状況や発達過程を踏まえ、保育所における環境を通して、教育のみを行うことを特性としている。

保育原理

保育所における保育士は、保育士試験の合格に伴いその個人の専門性が保証されているとみなすことができるため、継続的な専門性の向上は不要である。

保育原理

保育の目標の一つとして「十分に養護の行き届いた環境の下に、くつろいだ雰囲気の中で子どもの様々な欲求を満たし、生命の保持及び情緒の安定を図ること。」が挙げられる。

保育原理

保育の目標の一つとして「健康、安全など生活に必要な基本的な習慣や態度を養い、身体の健康の基礎を培うこと。」が挙げられる。

保育原理

保育の目標の一つとして「人との関わりの中で、人に対する愛情と信頼感、そして人権を大切にする心を育てるとともに、自主、自立及び協調の態度を養い、道徳性の芽生えを培うこと。」が挙げられる。

保育原理

保育の目標の一つとして「生命、自然及び社会の事象についての興味や関心を育て、それらに対する豊かな思考力や知識の芽生えを培うこと。」が挙げられる。

保育原理

保育の目標の一つとして「生活の中で、言葉への興味や関心を育て、話したり、聞いたり、相手の話を理解しようとするなど、言葉の豊かさを養うこと。」が挙げられる。

保育原理

保育の目標の一つとして「様々な体験を通して、豊かな感性や表現力を育み、創造性の芽生えを培うこと。」が挙げられる。

保育原理

保育の目標を達成するために、「一人一人の子どもの状況や家庭及び地域社会での生活の実態を把握するとともに、子どもが安心感と信頼感をもって活動できるよう、子どもの主体としての思いや願いを受け止めること。」に留意して保育しなければならない。